話し合いで離婚ができなければ② 家庭裁判所の調停について

公開日:  最終更新日:2016/01/20

行政書士 兼 離婚コーディネーターの中森です。

 

家庭裁判所へ調停の申立をすれば、約1か月~1か月半の間に第1回の期日が入り、調停が開始する

ことになります。

しかし、裁判所からの呼出しに相手が応じない場合もあります。これは「離婚自体に応じたくない」

という理由で出ない方が多いようです。そのため裁判所は呼出しに対し出頭しない場合には、5万円以下

の過料の制裁規定を設けています。しかし、頑として出頭しない場合もあり、この場合でも裁判所は呼出

しを重ねます。それでも不出頭の場合、裁判所は「出頭勧告」をし、この勧告により出頭するケースも

多いようです。この「出頭勧告」でも相手方が出頭しなければ、調停を取り下げるか、調停不成立となり

ます。また仮に出頭しても調停の中身でお互いが合意できなければ調停は不成立となり、訴訟での解決と

いうことになります。

 

訴訟の提起は調停を経なければできないことを考えると、もし相手が「離婚に応じない」、「頑とし

て出頭しない」のであれば調停を訴訟の前段階という程度に考えておくのがいいかもしれません。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊