養育費は子どもが何歳まで必要?

公開日:  最終更新日:2016/01/09

行政書士 兼 離婚コーディネーターの中森です。

もし子どもが大学に進学した場合、大学を卒業する年齢は

最短でも22歳となり20歳を超えます。

この年齢まで、養育費を請求できるのでしょうか?

養育費の支払いは一般的には子どもが社会人として自立する

までと言われています。

それまでは「未成熟子」と言われ、これは必ずしも、未成年者を

意味するものではありません。

成人に達しても、病気などで自立して生活する能力がない場合には

、「未成熟子」として扱われます。

よく問題となるのが、大学進学の費用が養育費として請求できるか?

というものです。

裁判例では、大学教育を受けさせる資力がある父親への請求で争い

になったケースで、「その子に大学進学の能力があるかぎり、大学教育

を受けさせるのが普通家庭における世間一般の通例である」として養育費を

認めています。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
■初回カウンセリング(2時間)無料、出張相談可

 行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが

 対応致します。

・公正証書による離婚協議書作成

・養育費、慰謝料未払による内容証明作成

・浮気、暴力、夫婦問題に対するカウンセリング

お気軽にお問合せください。

行政書士 なかもり法務相談事務所

事務所ホームページ 

http://nakamori-houmu.jp/

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ

にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md
br />

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊