夫が再婚すると養育費はどうなる?

公開日:  最終更新日:2016/01/09

行政書士 兼 離婚コーディネーターの中森です。



養育費が支払われなくなった時、養育費を受け取る


側としては、当然、約束の金額をすぐに支払うように


と請求することができます。





それでも支払わない場合は、支払請求の訴訟を提起


することになります。そして、訴訟で勝訴しても支払わ


ない場合には、相手の財産に対して強制執行をして


養育費の支払いにあてることができます。



なお、養育費に関する約束が公正証書にしてあり、


『執行認諾条項』が入っている場合は、訴訟を提起して


勝訴の判決を得なくても強制執行できます。





支払いがされなくなった時、よく行われるのは給料や


退職金などの債権の差押えです。


養育費などの定期金の場合は1/2までの差押えが


可能です。(通常の債権は1/4まで)






次に、養育費を支払う側にも支払えなくなったことに


ついて特別の事情がある場合、事情変更の原則により


養育費の減額が認めれれる場合があります。


その特別な事情とは・・・


養育費の支払者が再婚して子どももでき、


 会社の業績不振により給料が激減した場合、など


 です。




 事情変更による減額請求については、裁判所は一度


 決めた養育費は軽々しく変更すべきではないという


 立場をとりながらも、事情の変化があまりにも著しい


 場合には認めているようです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
■初回カウンセリング(2時間)無料、出張相談可

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが

対応致します。


・公正証書による離婚協議書作成


・養育費、慰謝料未払による内容証明作成


・離婚 もしくは関係修復に対するカウンセリング

・離婚後のリクルート支援、等



行政書士 なかもり法務相談事務所


お気軽にお問合せください。

 電 話 082-533-6036

 メール info@nakamori-houmu.jp


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ

にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊