【財産分与】特有財産ってなに?

公開日:  最終更新日:2016/01/14

行政書士 兼 離婚コーディネーターの中森です。

 

財産分与の対象となる財産は、夫婦が協力して作り上げた『共有財産』になります。

なので、どちらが購入して使用しているかにかかわらず、値打ちのあるものは、原則として、財産分与

の対象となります。しかし、それが『特有財産』であれば、夫婦それぞれの固有の財産で、財産分与の

対象になりません。

 

◆特有財産とは?

①婚姻前から夫婦の各自が所有していたもの

②婚姻中に一方が相続で取得したもの

③婚姻中に贈与を受けたもの

④装身具等、社会通念上、各自の専用品とみられるもの

⑤以上から得られる収益など(例えば、相続や贈与で家を譲り受け、貸した場合の家賃)

以上のように定義づけられます。

 

車は、婚姻中に購入したものであれば、所有者が誰になっていたかに関係なく、共有財産として

財産分与の対象となります。ただし、妻が実家から買ってもらったというような場合は、贈与に

なりますので、『特定財産』にあたり財産分与の対象となりません。

 

貴金属(宝石・金の置き時計など)は、財産的価値があり婚姻中に購入したものであれば、財産分与

の対象になります。もっとも、夫が婚姻中に妻に買い与えたものは贈与にあたり、もらった人の個人

の所有物で特有財産となります。

また、高額の貴金属を購入し、借金が残っている場合には、借金はその人自身のものであり、財産分与で

配偶者が負担する必要はありません。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 



 

 


 

 

 


 


 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊