離婚時の年金分割について その1

公開日:  最終更新日:2016/01/12

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

例えば夫がサラリーマンで妻がずっと専業主婦だった場合、老後の年金は夫と妻それぞれの名義の

「国民年金」と夫名義の「厚生年金」を受け取ることになります。しかし、離婚すると、妻が

老後にもらえる年金は国民年金だけになり、夫と妻の受け取る金額には大きな差ができてしまって

いました。この離婚による妻と夫の不公平感を是正するために2007年4月から

「離婚時の年金分割制度」が導入されました。

 

◆合意分割と3号分割

この年金分割制度は「合意分割」「3号分割」の2つがあります。

ここで注意したいのは、この年金分割制度は、厚生年金や共済年金を対象にした制度であり、

自営業や夫婦ともに国民年金のみに加入している夫婦は対象となりません。

また、基礎年金部分や厚生年金基金のような上乗せ部分は対象となりません。

そして、いずれもの請求も離婚後2年を過ぎるとできなくなるという条件もあります。


その2へつづく

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 



 


 



 


 








 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊