面接交渉で決める内容は?

公開日:  最終更新日:2016/01/29

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

子どもと面会するための面接交渉をするにあたっては具体的に子どもと会う頻度、面接の時間・場所等

を決めて離婚協議書などの文書にしておいたほうが効果的です。

面接交渉の主な取り決め内容としては、

 

頻度と時間

 月に○回、○か月に○回、1年に○回など。また1回何時間くらいか。

場所

 場所を特定するのか、どこでもよいのか。

宿泊の有無

 日帰りなのか?宿泊もOKなのか?

子どもの受け渡し方法

 子どもが小さい場合は、送り迎えの方法。遠距離の場合はどちらが交通費を負担するのか?

学校行事・特別な日

 入園、卒園、入学、卒業、運動会、学芸会、授業参観など、学校行事への参加の有無。

 誕生日、お正月、クリスマスなどの過ごし方

長期休暇の場合

  夏休みや冬休み、連休などの過ごし方。旅行など。

間接的な交流の方法

  手紙や電話、メールなど。間接的な交流についての有無。

お小遣いやプレゼント

  面会時や誕生日などに、お小遣いやプレゼントを渡してもよいかどうか。

 

離婚後に具体的な内容まで決めるのは困難になるケースが多いため、これらの内容は離婚前に決めて

おき、その内容は離婚協議書などの文書に残しておきます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md


 

 


 


 


 

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊