≪続き≫浮気した夫が離婚を請求してきた・・・

公開日: 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

行政書士 なかもり法務相談事務所からのお知らせ


『夫婦問題・離婚に関する相談』と

『生活設計(子ども・お金)」の無料相談会

を開催します。


日 時  ・2013月19日(火)


      ・2013年 4月17日(水)


時 間  13:30~17:00(予約優先)


場 所   広島市佐伯区民文化センター2F 小会議室


お問合せ:082-533-6036(平日受付10~18時)

HPからも受付中です。



※駐車場有、当日は予約を入れていただいたほうが

  時間的にも余裕をもって相談できます。



夫婦関係の悩みや将来かかるお金についてご相談

させていただきます。

ささいな不安やお悩みでも構いません。

まずは一緒に考えていきませんか?

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
















行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。














○夫は許せないが離婚はしたくない場合





浮気をされれば相手に愛想を尽かすことは当然ですが、


生活費であったり、子どもをひとり親にしたくないという


理由で離婚をしたくないという考えを持つことも自然


なことです。



しかし、心の離れた相手ですので改心して戻ってこない


限り、いつまでも籍を入れ続けることは、辛い気持ちが


続き、あなたの人生にとっても良くないことです。





離婚に際しての不安を解消できるのであれば、いつか


は離婚するという選択も必要です。



問題は離婚をする時期になります。

生活費が必要で離婚ができないのであれば、離婚後

も慰謝料や財産分与の分割という形で生活費をもら

う合意をすることもできます。

また、子どもがいれば、養育費をもらったり、公的な

給付をもらうことができます。

子どもをひとり親にしたくない場合は、子どもが成人

するまで離婚しないと期限を区切ったり、学校に旧姓

を使用するようお願いするなど離婚を周囲に伝えない

工夫をすることで対応できます。

子どもや経済的なことを理由に離婚するか迷って

いる方は、いつかは離婚をすることを前提として、

経済的給付を多くもらう方法と離婚の時期を

一緒に考えていきます。













※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

■行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが

  対応致します。


・公正証書による離婚協議書作成


・養育費、慰謝料未払による内容証明作成


・離婚 もしくは関係修復に対するカウンセリング

・離婚後のリクルート支援、等



行政書士 なかもり法務相談事務所


お気軽にお問合せください。


 電 話 082-533-6036


 メールでのお問い合せはこちら
から


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ

にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊