共有財産はどこまで?

公開日:  最終更新日:2016/01/12

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

夫婦どちらの名義であっても、結婚した時から、離婚した時(別居した場合は別居時)までに増えた

財産を共有財産といい、財産分与の対象となります。財産分与の対象から外れるのは、

①結婚前から持っていた財産

②相続財産など夫婦が協力して築いた財産とはいえないもの(特有財産)

以上のものは財産分与の対象から除かれます。

 

◆財産分与は2分の1が基本

財産分与の分け方は、普通の夫婦であれば「半分ずつ」であると考えます。共働きであっても、

妻が専業主婦であっても、半分ずつにします。専業主婦は収入がないですが、家事・育児をする

ことで夫の仕事を支えているので、協力して得た財産といえるからです。

また、離婚の理由が、一方の不貞や暴力であっても財産は半分ずつ分けます。これは、財産分与の

性質が、悪い、悪くないにかかわらず、『結婚中に夫婦が協力して得た財産を分ける制度

ある』と考えられているためです。

 

ちなみに、財産分与の請求は離婚成立時から2年で時効となります。

離婚する際に、「専業主婦であるから財産はもらえない」と勘違いしていたり、

「夫の暴力が怖くて何も取り決めずに離婚届けを出した」という場合であっても、財産分与を

もらわないという取り決めをしていない限りは、離婚後であっても時効が成立するまでは財産分与を

請求することができます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. Ferne より:

    Hey! I’m at work browsing your blog from my new iphone 4!
    Just wanted to say I love reading through your
    blog and look forward to all your posts! Carry on the excellent work!

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊