自分の財産を持つということ

公開日:  最終更新日:2015/12/07

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。


日本では働き続けたくても、夫の転勤や親の反対など
さまざまな事情で、女性が働けない場合

も少なくありません。妻が財産を作りにくい社会だから、できるときにできるだけ多く

自分の財産を作ることをお勧めします。

これは、一定の収入があるかないか、一定の財産を持っているかいないかで、女性自身の自己イメージ

違ってくるからです。つまり、収入がある女性、貯金がある女性は、自信をもちやすい傾向

あります。

 

本当は収入や貯金がゼロでも、自信を持って発言していいし、自信を持って行動したい。

人間の価値はお金と関係ない。ところが、なかなかそうできないのが現実です。

また、自分のお金であれば、夫にいちいちたずねなくても、お金を使うことができます。

夫婦が「良い関係」=「対等に意見を言える関係」を保つために、

女性が収入や財産を持つことは大切だと考えます。だから、出産や夫の転勤などで

仕事を辞める可能性があるなら、収入があるうちにできるだけ貯金を増やして

おくのが理想です。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

 


 


 


 

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊