子育てのいちばんの敵「長時間労働」

公開日:  最終更新日:2016/01/09

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

少子化対策として、国は「子ども手当」やいろいろな策を講じていますが、

子育てが負担に感じられる最大の理由は、お金ではなく「時間」です。

夫婦が共働きの場合、二人が定時に帰宅できれば、疲れ切ってはいないため、

体力的精神的にゆとりがあり、また時間の余裕もあります。そうすると、

帰宅後に子どもと過ごし、家事をこなすのは、そんなに難しくありません。

また、子どもが寝てから夫婦だけの時間を楽しむこともできたりします。

 

子育てをめぐって夫婦の関係が悪くなることもあります。

子育てで大切なのはお金の算段よりも、時間の使い方です。

 

具体的には・・・

○夫婦共にできるだけ残業しない働き方を工夫する。

○通勤時間を短くする。

○保育園の送迎時間を短くする。・・・etc

 

子どもが生まれても夫はそれまでどおりの働き方で、妻だけが定時退社、

保育園の送り迎えも家事も全部妻、という夫婦になるとバランスが悪く、夫や

本人が考える以上に妻に大きな負担がかかります。また妻も疲れ切って燃え尽きて

しまいます。

 

また女性も夫の仕事に理解のある協力的な「妻」を演じてしまうのは自分を苦しめて

しまいます。あなたがものわかりのよい妻になると、子どもは父親の愛、父親の役割を

知らずに大人になってしまいます。
 

ものわかりのよい妻、男性にとって都合のよい妻は、決してよい母親とはいえないのです。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md


 




 




 


 

 



 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊