4割の男性が「隠れ家が欲しい」

公開日:  最終更新日:2015/12/07

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

ある機関が行った調査で

「妻にしられない自分だけの隠れ家を持ちたいと思ったことはありますか?」

の質問に対して、約4割以上の男性が隠れ家願望を持っていることが分かりました。

この男性の「隠れ家願望」は年齢にかかわらず一定の割合で存在するようです。

 

では「隠れ家」で何をするのか?の質問に対しては、

①自分の趣味に専念

②なんとなくひとりになりたい

③ひとりでTV、DVD、マンガを見たい

 

なかには「妻と別の女性と付き合いたい」という回答もあるようですが。。。

ただ、「隠れ家」など持つことは現実に難しく、休みの日にまんが喫茶やネットカフェ

で1日を過ごす方もいらっしゃるようです。

 

ただ、この背景にはいわゆる「男のロマン」もありますが、自宅に居場所がない夫の

存在見え隠れするようです。家では自分の趣味を楽しむ時間がない、1人になれる時間

・場所がない、そしてインテリアなどの趣味が妻の好みで居場所がないなど、、、。

またここ最近では女性も仕事をしながら育児と家事をするとなれば、やはり一人になりたい!

一人の時間が欲しい!と思っているひとり願望の女性も増えているとのこと。

 

おそらくこれからの時代はたとえそれが納屋であっても、他の家族に干渉されない場所がある

ということが住宅に求められるのでしょうね。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md






 

 


 



 


 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊