DVを受けると問題が長期化する

公開日:  最終更新日:2015/11/25

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「もう離婚しかない!」と考え、妻が夫に離婚を切り出すと、夫から暴力

またはモラハラを受けた・・・。

 

逆に夫が妻に対して離婚を切り出したところ、妻がヒステリックな行動を繰り返し、

妻に対して恐怖心さえ生まれてきた・・・。

 

DVなどの場合、暴力により受ける身体的、精神的な苦痛より、相手に対して

恐怖心を持つことの方が被害として大きいと言えます。

これは男性だから、女性だから、ということはなく男女共通の問題です。

暴力を受けてしまうと解決まで長期化する恐れがあります。

それは相手に対する恐怖心から、話を進める勇気を持てないことから生じます。

 

離婚の話し合いは短いことにこしたことはありません。暴力などを受けることで、

短期の終結は難しくなってきます。避けれるものなら避けたほうがよい。

 

離婚を切り出す際、相手が逆上・暴力を振るう可能性があるのなら、

早い段階で専門家と相談し、できれば弁護士などの力を借りて話を

進めるのがよいでしょう。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md





 


 


 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊