パパもママも好き!

公開日:  最終更新日:2016/01/01

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

◆アメリカでのある離婚家庭の出来事

マイク(5歳)は、両親が別居を始めた直後から、月・木は「ママの家」、火・水は「パパ

の家」、金・土・日の週末は一週間交代で「ママの家」、「パパの家」で過ごしていました。

 

ある日、マイクが母親に「ママ、パパのおウチで一緒に暮らしたら?」と言ってきました。

「どうして?」と母親が尋ねると、「そしたらボク、パパとママの両方にいつも会えるから」とマイクは

応えました。そうできたら、ほんとうにいいわね・・・。でもそれはできないことなの・・・」。と

ママは応えました。マイクは、その後数週間、同じことを言い続けましたが、最近は「ボク、パパもママ

も大好きだよ。だからパパとママといつもいっしょにいれたらいいのにな・・・」と言うようになり

ました。

 

子どもの心の中には、こんなに大好きなパパとママなのに、どうして二人は愛し合えないのだろうとの

思いが強くあります。これは子どもにとっての離婚の悲劇でもあります。「ボクには『二つの家』が

あるんだよ。『パパの家』と『ママの家』が。でもね、ボクは『一つの家』のほうが好きなんだ。

いつもパパとママの両方に会えるから…」。

これらの子どもたちの思いに最大限近づくことこそが「子どもの最善の利益」に適うことであるのは

言うまでもありません。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md




 


 

 



 



 



 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊