養育費未払いのよる心の葛藤

公開日: 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

行政書士 なかもり法務相談事務所からのお知らせ


『夫婦問題・離婚に関する無料相談会』

を開催します。


日 時  ・201312月24日(火)

       ・2014年1月21日(火)


時 間  13:30~17:00(予約優先)


場 所   広島市佐伯区民文化センター2F 小会議室


お問合せ:082-533-6036(平日受付10~18時)

HPからも受付中です。


※駐車場有、当日は予約を入れていただいたほうが

  時間的にも余裕をもって相談できます。


夫婦関係の悩み・離婚についてご相談や

カウンセリングを行います。

ささいな不安やお悩みでも構いません。

まずは一緒に考えていきませんか?

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※





行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です



「元夫が仕事を辞めたらしく、養育費の送金が止まりま

した。今、どこに住んでいるかも分かりません。子どもは

中学生になって、私のパート収入ではやっていけません。

養育費はあきらめなければならないのでしょうか?」



「離婚さえできれば、と思って養育費はいらないと言って

別れました。でも、子どもが大きくなってきて私の収入

だけではやっていけません。今からでも請求できるで

しょうか?」



「せっかく苦労して調停で養育費が決まったのに、三か月

後から送金がなくなりました。強制執行したいのですが、

自分でやっていた仕事がうまくいかなくなったので収入が

ないと言っています。養育費はもらえないのでしょうか?」



「不景気で給料が激減しました。また、再婚して子どもも

できたので養育費を減額してほしいのですが、元妻が

どうしても納得してくれません。」


書いたのは養育費に関する悩みの一部です。

上記のようなどうしようもない壁にぶつかって思うとき、

私たちは立ちすくんで大きな不安にとらわれます。

また、人間不信に陥り、生きる元気もなくしがちです。

元配偶者からの養育費がどうしてももらえず、他に収入を

得ることができないときは、生活保護や児童扶養手当など

公的給付の支援を受けながら、まず今の生活の安定を

図るしかありません。

また、養育費を受けれない側からすると、その憤りや

悲しみは、

『どうして一度は家庭を持った相手が子どもの

 ことに目を向けようとしないのか?』

『なぜ自分だけが苦しまなければならないのか』

ということになってしまいます。

本来切れないはずの親子の関係をどうしてそこまで切ろ

うとするのかという気持ちがやりきれなさと悲しみを招き、

孤独と失望を生んでしまうのです。




※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
■行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。

・公正証書による離婚協議書作成

・養育費、慰謝料未払による内容証明作成

・離婚 もしくは関係修復に対するカウンセリング

・離婚後のリクルート支援、等

行政書士 なかもり法務相談事務所


お気軽にお問合せください。

 

電 話 082-533-6036

 メールでのお問い合せはこちら
から


『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら

『男性のための離婚・夫婦問題相談』はこちら

Facebook友達申請はこちらから。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ

にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊