養育費支払い 口約束での合意と黙示の合意

公開日: 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

行政書士 なかもり法務相談事務所からのお知らせ


『夫婦問題・離婚に関する無料相談会』

を開催します。


日 時  ・201312月24日(火)

       ・2014年1月21日(火)


時 間  13:30~17:00(予約優先)


場 所   広島市佐伯区民文化センター2F 小会議室


お問合せ:082-533-6036(平日受付10~18時)

HPからも受付中です。


※駐車場有、当日は予約を入れていただいたほうが

  時間的にも余裕をもって相談できます。


夫婦関係の悩み・離婚についてご相談や

カウンセリングを行います。

ささいな不安やお悩みでも構いません。

まずは一緒に考えていきませんか?

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※






行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。





養育費の取り決めについては、書面などを交わさず

『口約束』決めたり、特に何も決めずに、義務者

(支払う側)が一定金額をとりあえず毎月送金し続けて

いる(黙示の合意)ケースがあります。



しかし、『口約束の合意』では、録音等の証拠がない

限り合意証明は難しく、仮に録音していてもそれが

お互いが合意したといえる文言であるかについて後

に争いが生じやすくなります。



何も決めていないいわゆる『黙示の合意』は、一定

期間、支払う側が決まったお金を送金し続け、受け取る

側も黙って受領し異議を出さない状態が続けば、

「申し込み」と「承諾」があったものとして黙示の合意が

認められます。



しかし、どちらも突然に養育費が滞ったり、一方的に

減額されたり、と不安定になってしまいます。




この場合、やはり必ず合意した内容を書面にする

ことが重要です。

しかし、相手が公正証書の作成や家庭裁判所での調停

に応じない場合も多くあると思います。


その際、立派な合意書でなくても構いません。まずは

「毎月5万円送ってください」、

「わかった」

といったメールでの交換でも構いません。また、書面に

する場合でもどんな紙でも簡単な言葉でもよいので、

合意した内容とお互いの署名と日付を入れておきます。


※この際、受け取る側の一方的念書では拘束力が

 なくなることもありますので注意が必要です。




そうして、最初のステップとして、簡単な合意書を作ります

が、次第に公正証書または調停調書とランクアップを

目指します。



また、支払う側も、簡単な書面であれ、合意があれば法的

な拘束力が発生し、一方的には減額できないこと、そして

減額に相手が同意しなければ家庭裁判所における減額

審判が必要になることもあるので、自己の資力を十分に

考慮して履行可能な額で合意することです。





※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

■行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。


・公正証書による離婚協議書作成

・養育費、慰謝料未払による内容証明作成

・離婚 もしくは関係修復に対するカウンセリング

・離婚後のリクルート支援、等

行政書士 なかもり法務相談事務所


お気軽にお問合せください。

 

 電 話 082-533-6036

 メールでのお問い合せはこちら
から


『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら

『男性のための離婚・夫婦問題相談』はこちら

Facebook友達申請はこちらから。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ

にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊