離婚によって自分の何が変わるの?

公開日:  最終更新日:2016/01/26

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

離婚原因の一つである「性格が合わない」という理由は大きな離婚動機の一つです。

結婚というのは、元々性格の異なる二人の人間が一緒に暮らすことなので、性格が合わない

一面があるのはむしろ当然です。そんなことは当然の前提として結婚したはずなのに、それでも

性格が合わない人と一緒に24時間・365日顔を付き合わせて身近に暮らすことは耐えられない

というなんだか堂々巡りの曖昧な理由になってしまうのが、結婚であり離婚なのでしょう。

 

◆「性格の不一致」その背景は?

それでも、当事者の合意だけで離婚が成立する協議離婚や調停離婚では、「実際には性格が

合わない」ということが当事者にとって重大で深刻な問題であるかがわかります。

この「性格が合わない」という月並みな言葉の裏にはかなり哲学的な価値観、家庭観の相違、

舅・姑とのあつれきなど、背景となる事情があるのがむしろ普通です。

 

例えば、共働きの夫婦で子どもがいるような場合、多くの家庭では女性にとっても「職場は戦場

であり、家に戻ると家事も育児も戦場である」というほど頑張らなくてはいけないのに、

夫は「職場は戦場なんだから、家に戻ったボクを癒してほしい」と願っているとしたら、

これはかなり深刻な価値観の相違であることは理解できます。家事・育児を手伝うかどうかという

皮相な問題でよく議論されるテーマですが、本当は越えがたい根本的な価値観の相違がここには

あります。

 

◆夫婦とは他人の人生を背負い込むこと!?

「夫婦として一緒に暮らす」ということは、単なる同居人ではなく、「他人の人生を背負い込み、

自分も引きずられ、自分が否応なしに影響される」面があります。だから、「離婚して自分を

取り戻したい」という強い感情が生まれ、譲れなくなります。

「離婚により自分の何が変わるか?」は、自分が嫌で耐えられない事情が離婚により相手と共に排除

できることです。しかし、言い換えれば、もし離婚理由が自分の一時的な感情論だけであったとすると、

後悔することがあるかもしれません。後悔も人生の一部ではありますが、離婚によって自分の何が

変わるのかを考えてみることは必要なことです。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md





 

 

 

 

 

 


 

 


 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊