心が触れあわないと楽しくない

公開日:  最終更新日:2015/12/06

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

長年連れ添ってきたご夫婦のお話。

 

「俺はこんなに一生懸命働いている」

「頑張って家も建てた」

「俺は遊びまわっていない」

妻自身も自分は恵まれていると意識では思っています。しかし、自分でも説明できない何かがある。

一言でいえば「何をしても楽しくない」

周囲の人は「あなたはわがままだ」と言う。夫も「「一体お前は何が不満なのだ」と言う。

 

 

この方の場合、親子夫婦で心が通じ合えば給料など安くていいのかもしれません。

家庭が楽しい、親子夫婦で心が通じ合えば立派な居間などなくてもよく、家族でいること

が楽しいのかもしれません。

 

第三者からみればこのご夫婦はきちんとされた夫であり妻なのだと思います。しかし、お互いに

自分にも相手にも本音を許さないで、物理的にはもっとも近い存在として生活しています。

その緊張感がなおさら、相手を不快にしていくのではないでしょうか。

その相手に対する不快感を心の底に閉じ込めながら長年の間、一緒に生活をしていくのですから

楽しいわけがありません。むしろ相手は一緒にいてもっとも不愉快な気持ちに襲われる存在に

なってしまうでしょう。

 

夫婦は対等の立場なので、自分が相手にしたことに対して見返りを求めてしまいがちです。

「相手に依存する」ことは必要ですが、求めすぎると夫婦のバランスが崩れ、一方が負担を

背負ってしまいます。夫婦である前に、一人の人として「自立」することが必要なのでしょう。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら

『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md



 

 

 

 


 

 

 

 


 

 


 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊