「かわいそう…」を連発する人のかわし方

公開日: 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

行政書士 なかもり法務相談事務所からのお知らせ


『夫婦問題・離婚に関する無料相談会』

を開催します。



日 時  ・2014年6月17日(火)


      ・2014年7月16日(水)


時 間  13:30~16:30

      (予約優先)


場 所   広島市佐伯区民文化センター2F 小会議室


お問合せ:082-533-6036(平日受付10~18時)

HPからも受付中です。


※駐車場有、当日は予約を入れていただいたほうが

  時間的にも余裕をもって相談できます。


夫婦関係の悩み・離婚についてご相談や

カウンセリングを行います。

ささいな不安やお悩みでも構いません。

まずは一緒に考えていきませんか?

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

離婚したことで、「子どもがかわいそう・・・」という人が

います。

そして、その「かわいそう・・・」という人のほとんどが

「おばちゃん」なのだそうです。

そして、たいては自分のことを「専業主婦」だと言って

います。

「お父さん(お母さん)がいないなんてかわいそう・・・」

「片親なんてかわいそう・・・」

という言葉が飛び交います。

そういった場合の対処法としては、

「それなりに幸せに暮らしてますよ~あはは~!」

「そうなんです!大変なんですぅ~あはは!」

と笑って流すのが一番のようです。

そもそも、「かわいそう・・・」という言葉は、

「本心でその親子を心配している」、

というものではなく、

「かわいそうな人」

自分たちは上から目線から見ていると感じられ

ます。

そして、人の不幸を聞いて、自分たちの小さな幸せを

かみしめたい、、、のかもしれません。

別のケースでは、お互い子連れの再婚で、円満に暮らしている

親子に対して、、、

「かわいそうに・・。まま母なんでしょ。

ツラい目にあってるんでしょ」

なんて言葉を子どもに平気で言う方もいたそうです。

これこそまさに、よけいなお世話の代表例です。

まわりはどうあれ、自分たちが幸せと思えるなら

それでいいのです。

それで十分、幸せなら。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。


行政書士 なかもり法務相談事務所


行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

 

 電 話 082-533-6036

 メールでのお問い合せはこちら
から


『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら

『男性のための離婚・夫婦問題相談』はこちら

『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

Facebook友達申請はこちらから。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ

にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ

にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊