自分は自分 夫は夫

公開日:  最終更新日:2015/12/03

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

別れるほどではない、しかし「困った夫」 に手を焼いている・・・

離婚も頭をよぎるが、シングルマザーとして働く自信がなく、

離婚後の生活が不安・・・子どものために離婚したくない・・・

こんな場合、これから、どのような夫婦の関係を築いていけばよいのでしょうか?

 

ヒントは「夫は夫、自分は自分」と割り切り、離婚といった形式にとらわれず、

自分の生活を楽しむこと。

「そんな簡単に言うけど・・・」

しかし、これは「家庭内別居」や「仮面夫婦」とはまた違った考え方です。

 

「夫が不機嫌で乱暴な態度をとる」「仕事にのめり込み家庭をかえりみない」

などといって妻までが不機嫌で不幸な生活を送らなくてはいけないことはありません。

夫婦とはいえ、別々の人間です。夫を変えようとするのは難しくても、自分自身を

コントロールすることはできます。また、夫の無神経な行いを完全にやめさせることは

できませんが、それによって妻が自分自身を見失うことなく、子どもたちと楽しく生活

していこうとすることは可能です。何より、お母さんが楽しく生活することは子どもたち

にとってもメリットが大きいのです。

 

一方で、自分自身の生活を楽しむためには、

「夫はいつか変わってくれるかもしれない・・・」という希望を捨てる

ことでもあります。最初のうちは、「私は間違っていないのに、なぜ自分が妥協

しなければならないのか?」と心の中で葛藤が生じ、大きなストレスになるかも

しれません。

しかし、大切なのは考え方です。

「子育てに関わろうとしない夫に失望して傷つく・・・」のではなく、

「夫が散らかした部屋を片付けるのは自分が心地よく暮らすため」

「子育ては夫のためではなく、子どもと自分が成長するため」

と思えるようになれば、夫の行動でいちいち感情を乱されることは少なくなります。

 

夫と精神的に距離を置くことで、必要以上に傷つかずになります。

それを「妥協=デメリット」と考えるか「精神的な自立=メリット」

と考えるかは、ご自身の考え方次第です。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊