子どもたちも親を支えている

公開日:  最終更新日:2016/02/16

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

子連れシングル女性の方の話を伺って気づくことは、離婚したこと、別れて暮らす元夫のこと、自分自身

のこと、などについて、子どもたちが本音のところでどう思っているのか?ということを直接に正面

切って聞くことができない・・・というケースが少なくありません。

おそらく、直接に、母親が子どもたちに尋ねても、子どもたちはさまざまな思いから、母親を悲しませた

くない、これ以上、困らせたくない、怒らせたくない、と思っていると、とてもじゃないけど、本当の

気持ちを語ることなどできないかもしれない。。。それにもし、子どもに「離婚して欲しくなかった

・・・」と言われたらどうしよう。。。しかし、子どもたちの声を聞いてみると、これらは母親たちの

「取りこし苦労」である場合が少なくありません。

 

◆「自分たちが親を支えている」という思いが子どもも自信になる

親だから、しかも、ひとり親だから、何にもまして子どものためを思って頑張っていると思えることが、

親自身には、心の支えになります。しかし、その頑張りゆえに、子どもに気を遣わせたり我慢をさせた

りしていることには親自身が気づきにくいかもしれません。親の頑張っている姿をみて、子どもたちも

「そんな親を自分たちが支えている」と自覚することができれば、それは子ども自身の励みになり、

自信につながると思います。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊