2人目はもう生まない!

公開日:  最終更新日:2015/11/30

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。


女性 85%

男性 1.7%
 

この数字は、日本の「育児休業取得率」です。

この数値だけみると、日本の男性は、「育児をしていない」そして、「父親になる」

「父親をする」ことから降りているという状況を示しています。

 

◆なぜ日本の男性は「育児をしない?」

背景には子育ては「母の手で」といった考え方が根底にあり、

それが一般にも根強く浸透していると言えます。しかも、その考え方は、

 

女性」=「子への愛情と育児は女性だけに備わった本能」

と通訳されることもしばしばです。

 

しかし、子への愛情、育児行動を促進するホルモンは男性にもあり、また、

育児とは、母親だけでなく父親やその他の人々による複数養育が本来、子育てしていく

上で好ましいとされています。

 

◆父親不在は少子化の原因に!?

休日の父親育児時間が短いほど、次の子どもの出生率は低くなる、といったデータがあります。

また、子育ては長期間にわたり、様々な課題を乗り越えていく大変な作業です。

これほど重要な作業にも関わらず、父親が育児をしないのを体験した母親は、

「2人目はもう産まない!」となってしまいます。

 

今の少子化や子育てに対する問題点は、日本の男性は精子の提供しかせず、

「父親をする」ことから降りている、そして、その働き方が問題です。

そして、それは、父親の育児不在により育児だけを生き甲斐とする母親を生み

長く過剰に子を世話し介入する状況を生み出しています。

育児でのパートナーシップの不在が母と子の強すぎる絆を生み出しているようです。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

 電 話 082-533-6036

 メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊