夫の不倫 その時、妻は… その2

公開日:  最終更新日:2016/02/08

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

その1  からの続き・・・。

 

夫の不倫が発覚後、下記パターンが考えられると思います。

①夫が不倫相手とは別れて、妻に謝罪し、夫婦関係の修復を望んでいる場合

②夫が不倫相手に完全に心を奪われて、離婚を希望している場合

③不倫相手とは別れたようだが、きちんと謝ってくれない場合

 

◆②の場合

②のケースでは、妻ひとりで子どもを育てていけるだけの経済力があれば、離婚という選択肢もアリ

だと思いますが、そうでなければ、すぐの離婚は避けたほうがよいですよね。

一般的に言って・・・離婚すると経済的にかなり厳しくなりますし、生活レベルは下がります。

そして、それによって、子どもが受ける被害は大きいものになるのは容易に想像できます。

したがって、遅かれ早かれ離婚が避けられないと思っていたとしても、今の自分に特別な資格もなく、

自立できるだけの経済力がないようであれば、離婚に応じず、その間、離婚後の生活手段を確保

することお勧めします。

気持ちが落ち込んで、あまり気力は残っていないかもしれません。。。ただ、離婚すると、仕事や生活

に追われ、時間的にも余裕がなくなり、勉強等に費やす時間はほとんんど取れないでしょう。

一度、冷静になって、自分と子どもの未来のために、色々な観点から考えてみることが必要です。

 

◆③の場合

③のケースでは、どちらかというと、①に近い状況だと思います。特に男性の場合、謝りたくても素直

に謝れない人が少なからずいらっしゃいます。夫の表面的な言葉ではなく、心の中を推し量って、今後

の自分の行動を決めればいいと思います。

 

長く夫婦を続けていると、浮気の他、病気や親の介護、子どものこと、等々、様々な困難に出くわし

ます。ある程度の被害は避けられないとしても、それを最小限に抑えられるように、考え、行動して

いくために準備や知識を身につけておきたいですね。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊