給料から一番引かれる厚生年金の大切さ

公開日:  最終更新日:2015/11/16

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

会社員の方であれば、みなさんご存じかと思いますが、

給料から引かれる金額で一番大きい「厚生年金保険料」

 

会社と本人が半分ずつ負担しており、2017年には

給料の約18.3%(本人負担は9.15%となる予定です。

しかし、これでも今の制度維持は難しいと言われています。

 

会社員の方であれば、65歳になると国民年金と厚生年金の

両方から年金を受け取ることになります。

これらは「老齢基礎年金」「老齢厚生年金」と呼ばれています。

 

一般的に「年金」と聞くと、65歳から受け取る年金をイメージしてしまいがちですが、

その他にも・・・

 

障害年金

けがや病気で障害を持つようになった場合は、その程度に応じて支払われるお金。

 

遺族年金

子どもや配偶者を養っている人が60歳以前に亡くなった場合、残された家族に支払われるお金。

 

これらは、国民年金のみ加入の場合も支給されますが、会社員のように

「国民年金+厚生年金」に加入している方と比べると支給される金額はかなり違います。

 

失業中などで保険料を払わなかったり、故意に保険料をはらわなかったりすると、

65歳からの年金が減るだけではなく、障害や遺族への保障もなくなってしまいます。

 

そのためにも、何らかの理由で保険料が払えなくなったときは、

市区町村の窓口で「免除」手続きをしておきましょう。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。
 行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊