幸せを呼ぶ「精神的な自立」とは?

公開日:  最終更新日:2015/11/12

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「精神的な自立」手にした人は、どんな選択をしたにせよ、

幸せをつかむ確率が高くなります。


 
この精神的な自立とは・・・「一人でも人生を楽しめるようになる」

ことです。

 

◆結婚生活はあなたの人生のほんの一部分
 

専業主婦の方や扶養内でのパート勤務の方は、

 

「夫に養われている以上、自由に暮らせない・・・」

「あんな夫に経済的に依存している自分が嫌で自己嫌悪になる・・・」

と思い込み、

 

多くの女性が、夫に文句を言いたいけれど、

「夫に離婚を切り出されたら路頭に迷ってしまう・・・」

「子どもがかわいそうだから・・・」

 

そして、

「これから自分はどうなってしまうのか・・・」絶望的な気分に陥ってしまいます。

 

また、女性の場合、

「恵まれた結婚生活とパートナーがいてこそ幸せ」

と考える方もいらっしゃいます。

 

しかし

「人生」というカテゴリーで考えていくと、結婚生活や夫は、

あなたの人生のほんの一部にしか過ぎません。

 

他にも、

子ども、友人、趣味、仕事・・・などさまざまな要素から

人生は成り立っています。

その一部である「結婚生活」が満たされないからといって、

人生がすべてくだらないものになってしまうことはありません。

 

「一人でも人生を楽しむことができる」

とは、

一人ぼっちで生きる能力を身に付けることではありません。

 

当然、夫婦なのですから、お互いがともに依存してもいいのです。

ただし、その依存をパートナーという特定の人に求める必要もありません。

 

◆妻を追い込む「困った夫」
 

妻を追い込むいわゆる「困った夫」は、妻が自分に

経済的あるいは精神的に依存していることがわかると、

 

平気で手を抜き、妻を見下します。

 

そして妻自身は、「夫に見捨てられたら生きていけない」

と感じてしまうと、夫に自己主張できずに心の中に不満を

募らせてしまいます。

 

大切なのは、

「いざとなったら、夫に頼らず1人でやっていけるかもしれない!」

という自信をつけることです。

 

妻が精神的あるいは経済的に自立を手にすれば、

夫に対してもきちんと自己主張できるようになるはずです。

そうなると、夫との本質的な関係も確実に変わってきます。

 

「1人で生きていける」

という思いが妻の言動に自信を持たせ、夫の態度にも変化をもたらします。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊