離婚や別居親について子どもに説明しないとどうなる?

公開日: 

離婚と子ども

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

離婚で母親が子どもを引き取った際、子どもが、まだ乳幼児で、

今はお父さんを覚えていなくても、

そのうち保育園や小学校でみんなにはお父さんがいるのに、

自分にはお父さんがいない・・・ことを知ります。

 

その時の子どもの欠落感

大人が考えている以上に大きいものです。

子どもにとっては、別れてもお父さんはかけがえのないお父さん。

どんなに小さくても、離婚の事実、父親がいることを話しておき、

可能な限り会えるようにしてあげるべきです。

 

◆何を?どのように?伝えたらよいか

子どもの年齢に合わせた、わかりやすい話し方で、

 どういう事情で離婚をするか?

これからどうなっていくか?

今、どういう状態か?

 を話してあげます。

 

離婚は、お父さんとお母さんの理由で、

子どものあなたのせいではないこと、

 これからのことを、二人で相談している

から心配しないでいいこと、

 を話します。

 

相手の浮気やケンカの原因など、事細かに話す必要はありません。

相手の悪口を一方的に言って、非難・攻撃するような話し方は

子どもを傷つけます。

離婚しても別々に暮らしても、お父さん・お母さんは、

変わらずあなたを愛しているし、あなたの面倒をみたり、

会うことができるから、心配しないでいいよ、

ということを話してあげます。

さらに、

 子どもが夫婦のケンカを見ていて「離婚理由も知っている」、

という場合でも、同居親から離婚したことを話すべきでしょう。

黙っていると子どもはあれこれと想像して不安になります。

この場合も、相手を悪く言わないこと、子どもには相手の血も流れています。

親の悪口を聞くと子どもは傷つき、自信をなくしてしまいます。

 

子どもは同居親と違う感情や思い出を別居親に対して持っている

ことを忘れてはいけません。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊