夫婦を襲う5つの危険な時期 その1

公開日: 

夫婦 ケンカ

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

『夫婦を襲う危険な時期』大きく分けると人生に5回あります。

そして、それぞれ共通しているのは、

「一つの大きなビジョン(夫婦共通の目標)を達成を実現したあと」

それから、二人の関係は崩れていくことが多いようです。

その5つの危険な時期とは・・・・

 

①結婚直後

②子どもが生まれたあと

③マイホームを手に入れたあと

④夫が仕事の成功をあきらめたとき、OR、仕事が成功したあと

⑤定年退職後 です。

 

①結婚直後

少し前ですが、「成田離婚」という現象が話題になりました。結婚後、一番幸せな

時間を過ごせると思いきや、その数日間にいろいろトラブルが起きて、「もうこの人とは、

やっていけない!」と、帰国直後に離婚してしまうケースです。

この場合、ふたりの最大のビジョンが「結婚式を挙げること」だったのではないでしょうか?

結婚後のビジョンを描くことができれば、思いとどまれることも多いのです。

 

 

②子どもが生まれたあと

「子どもが欲しい」というビジョンが夫婦で共有されている間は仲が良くても、

誕生後の育て方や、役割分担、経済的な問題など・・・夫婦にとって大きな試練が襲います。

夫は、「妻子を食べさせていかなければならない」というプレッシャーと、そこから逃げたい

という感情が重なり、仕事に没頭し始める場合があります。

 

世間的にも「子どもができて張り切っている」と肯定的に見られるので、逃げの心は隠すこと

ができます。しかし、妻は家に閉じ込められ、家事と育児にがんじがらめになり、育児ノイローゼ

とまではいかなくても、互いにプレッシャーに押しつぶされ心が離れていく場合もあります。

出産後の夫婦の役割や子育てに対するビジョンを共有しておかないと、夫婦関係が冷めてしまう

危険な時期です。

 

③マイホームを手に入れたあと

夫婦の関係が多少ギクシャクしていても、「マイホームを持ちたい!」という結婚当初から

の大きな夢がふたりをつなげているケースがあります。

しかし、マイホームを手に入れたあと、多くの夫は「守り」に入ります。

多額の借金をするケースがほとんどで、ローン返済のために、安定収入を維持しなくてはなりません。

そうなると何かにチャレンジするような危ない橋は渡れなくなり「オヤジ化」していきましす。

 

妻は、もちろん新しい家に住んだときはうれしいでしょうが、それもじきに慣れます。そして、

次のお互いのビジョンもなく、「オヤジ化」していく夫に男としての魅力を感じなくなり、

セックスレスになる場合も。。。

夫からみると、いやなことがあってもぐっとこらえてガマンして、家族のために仕事をしているのに、

妻は不満をぶつけてくるばかり。。。そんな妻に女性としての魅力を感じなくなり、お互い男として・

女として、魅力がなくなっていってしまいます。


 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊