子どもが病気や障害を抱えたとき、どう向き合う? その2

公開日: 

子ども 笑顔

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

その1はこちら

 

※その1からの続き

Bさんは、次男の状態や夫の言動に過剰に振り回され、それが次男の障害や療育について考えること

妨げとなっていました。次男の障害についてさえも、Bさんの肯定感につながるための材料となって

しまい、次男への療育は、次男にとって必要なことかどうかではなく、Bさんが次男とのかかわりを

通して否定されないための道具へと変わっていき、次男の課題を解決する方向には考えられなくなって

しまっていました。

 

◆Bさんへのケア

そこで支援センターではBさんへのケアとして、Bさんが夫や次男の状態やそれらとの関係に振り回さ

ないように、かつ、Bさんの安定感が増すように、Bさん自身で完結する方法でBさんの肯定感を増す

方法を考えました。Bさんが人との関係に頼らずできること、最初は家事を材料にしました。Bさんは

家事が得意ではなかったのですが、家事を簡単にうまくこなす方法を考えてそれを行い、上手くいった

かどうかを確認し話す時間をもちました。

その後、Bさんが何か仕事でもしようかなと言い始めたので、内職を勧めました。家庭内で、一人で

行える内職は、達成できそうな身の丈にあったゴールを決められ、他の人と比べられる場面も少ない

ので、Bさんがゴールを達成しやすいのではと考えました。次男の話の合間に、Bさんの内職や家事に

ついて話を交え、自分に合った活動であれば成功できる、Bさんのこれまでの歴史の中で成功したこと

が少なかったのは、Bさんの能力の問題ではなく、Bさんに合った活動と出会っていなかった

だけだと考えることができるようになりました。「私にもできることとできないことがあるから、

次男にも、そういうことを考えてあげれば上手に生きていけるんですよね」と、言うことが

でてきました。

また、夫との関係においては、こちらから目に見えてわかるほど崩れることがなくなりました。それは、

安定したBさんに対して夫が暴言を吐かなくなったのか、暴言を吐かれても、Bさん自身が振り回されなく

なったのか定かではありませんが、いずれにしても、相乗的に安定した関係の方向へ働いていると考え

ました。

 

◆自身の肯定感と家族の問題を切り離す

Bさんは、Bさんと次男やBさんと家族との関係に問題が生じたときに、それを自分自身に問題があ

とらえてしまい、本来の問題を判断することができなくなっていました。Bさんのかかわりのポイント

は、Bさん自身の問題と、Bさんと家族の関係の問題を切り離して考えることでした。Bさん自身が

肯定感をもてるような活動を行うことで安定し、家族との関係上の問題に自分自身が重ならないように

することで、次男の障害そのものに目を向けることができるようになり、それがBさんが次男の障害を

受け入れることと考えるようになっていきました。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊