協議離婚はお互いの合意のみで成立するからこそ事前の情報収集は大事です

公開日: 

夫婦 話し合い

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

話し合いによる離婚(協議離婚)が理想どおりに当事者の自由な意思だけで利用されるためには、

社会的に男女の平等が名実ともに実現されていること・母子家庭、父子家庭に対する社会保障が

充実していることなどの条件が必要です。

そうでないと、協議離婚は経済的に優位に立つ夫からの離婚の自由に役立つばかりで、妻の座を

不安定にし、あるいは両親の無責任・身勝手な離婚のために、罪のない幼い子供が犠牲を強いら

れる結果になってしまいます。

 

◆「経済的に依存」は不利?

また、最近では経済力のある女性が増えてはいますが、結婚して子どもが生まれると仕事を辞めざる

得なくなり、再び就職してもパート程度の補助的な仕事に就くといった女性は多く、経済的には夫に

依存せざる得ない方が圧倒的に多数です。

経済的に夫に依存していれば、夫から離婚したいと言われたときに、対等にわたりあって良い条件で

離婚することができないまま、夫の言いなりの条件で協議離婚に応ぜざるを得ない場合もでてきます。

協議離婚という言葉は聞いたことがある人でも、それを拒否したらどうなるのか?調停と訴訟の違いは

何?離婚したら児童手当はいくらもらえるのか? 将来の自分の年金はどうなるのか?など知っておか

なければならないことはたくさんあります。

 

◆協議離婚は「交渉」

そして協議離婚という『話し合い』も『交渉の一つ』です。交渉ごとなどしたことのない女性も

多くいらっしゃいますし、知識だけではなく経験も男性と対等に渡り合っていくことは難しいこと

です。しかし、落ち着いて考えれば離婚は、

「自分の気持ち」

「子どものこと」

「生活(お金)のこと」

が重要なキーワードになるので、そこに関して相談できる第三者を探して知識を補うことができれば

心強くなります。協議離婚はお互いの気持ち一つで離婚できるからこそ、いっそう慎重な準備と対応

が望まれます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md


 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊