離婚と子どもの心のケア

公開日: 

夫婦と子供

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

夫婦げんかを目の当たりにする、片方の親が家に帰ってこない、両親が家庭内別居の状態で冷たい空気

流れている・・・・。どんなに小さな子どもでも、不仲な両親との暮らしには、大人が想像する以上

不安をいだいています。子どもは、これからどうなってしまうのだろう、とおびえながら、両親

が仲直りして普通の家族にもどることを望んでいます。

 

さらに離婚を目の当たりにした親の不安が子どもに伝わり、精神的に不安定になったり、体の不調を

訴えたりすることも少なくありません。一方、親のほうは、問題が山積している状態で、さらに子ども

に手がかかるとなると、子どもを怒鳴りつけたりしまうこともあり、さらに状況は悪化していきます。

親子ともにストレスがたまって心も体も疲れたときは、できるだけ早く心療内科などを受診する選択肢

もあります。

 

◆子どもへの伝え方

心の中で、親が離婚をしたのは自分のせいでは?、、、と自分を責める子どももいます。

離婚の際には、理由をきちんと説明することが大事です。子どもの年齢によって説明のしかたは異なり

ますが、

「子どものせいではないこと」

「父と母はいっしょに暮らせなくなったけれど、あなたにとっては親であり、2人とも

 あなたを愛しているということ」

「これからの生活もがんばるから大丈夫であること」

など、子どもに安心感を与える話し方をしてあげます。

 

また、子どもの気持ちに耳を傾けることは大事ですが、「どちらの親と暮らしたいか?」といった

問題を、子ども自身に選択させるのは避けたいところです。子どもに、背負いきれない責任を負わせる

ことにもなってしまいます。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊