夫の不倫問題と子どもの不登校 その2

公開日: 

男の子

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

※①からの続き・・・

 

B君はカウンセリングで、自分の思いを承認されることで自身の怒りと悲しみに気づいていくと、

「学校に行くのは恐い」ということを感じることができるようになりました。

その結果、「不登校」となりますが、それは、自己を回復させるために必要な安全な確保として、

きわめて重要な意味を持つ不登校期間でした。

Bくんの母は、 子どもを支援するためのカウンセリングを通して、子の怒りの気持ちを承認

することの重要性を学んでいきました。そのなかで・・・母自身も、

 

・自分にウソをついて不倫を続けている夫への怒り、

・B君がいじめられているのにもかかわらず、B君に非があると主張する学校の担任への怒り

 

これらがともに正当な怒であることを受け入れることができるようになりました。
 
担任への怒りを抱えると、おのずと夫への怒りもひっぱりだされてきてしまうため、夫への怒りを

否認するために、担任への怒りも否認されてしまっていたのです。そのため、いじめをする子どもたち

や、それに加担している担任への怒りを必死に訴えるB君に対しても、その怒りを無意識に否認してし

まうことになっていたのだろうと思いました。
 

母は、自身の夫との関係に決着をつけないと、B君の問題も解決しないと腹をくくりました。

不倫相手の女性に面会を求め、「どういうつもりなのか?」と怒りをぶつけ、夫に離婚覚悟で自己

決定を迫りました。夫は、妻の本気にふれて、「妻と子どもたちを失いたくない」と泣き崩れ、

を選ぶと明言しました。夫は「男は泣くべきではない」という信条の持ち主でしたが、弱い自己を

さらけ出して、妻と子を自分のもとにとどめました。

 

・自身の怒りを受け入れることができた母

・自身の弱さを受け入れた父

 

両親はその後のB君の激しい怒りの表出に対しても、落ち着いて愛情深く受け止めることができるように

なりました。自身の怒りが正当なものだと両親から承認され、怒りを抱えている自分は、そのままで

されるということを実感することができたB君は、怒り感情を自己に統合することができるように

なり、落ち着いていきました。

翌年の春には、転校した学校に普通に登校することができ、しだいにその優秀さを発揮できるようになり

ました。その様子をみて、「発達障害」という人は誰もいませんでした。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊