「よい夫婦げんか」は最初の3分で決まる

公開日: 

夫婦 カウンセリング

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

夫婦げんかが勃発した場合、最初から厳しい言葉を投げつけたりトゲのある皮肉を言ったりする

カップルは、その後、トラブルへ向かう傾向があります。反して、衝突の原因について注意深く

取り組もうとするカップルは、お互いの関係を損なうのではなく強めるような、前向きな話し合

いができる可能性が高くなります。夫婦げんかのとき、この最初の3分間の対応を間違わなければ、

夫婦の関係を改善する道が開けてきます。

 

◆「不満」か?「批判」か?

良いけんかと悪いけんかの重要な違いの一つは、不満で始めるか批判で始めるかと言えます。

例えば、

「ゆうべ、家へ帰ってきたら、流しのお皿は洗ってないし、部屋も散らかり放題だった

 から、まいっちゃったわ」(不満)

「私が出かけた夜くらい、子どもたちが散らかした部屋を片付けて、食器を洗うぐらい

できないの?あなたときたら、私がどんなに忙しくても協力する気はまるでないのね」

(批判)

 

子育てをめぐる例をあげると、

「週末には、子どもたちのお出かけの送り迎えをしてほしいわ。私にも自分の時間が少し

 必要だから」(不満)

「あなたは自分のことしか頭にないのね。子どもの世話はひとりで無理だとか、私にも

やりたいことがあるなんて、考えたこともないんでしょう?」(皮肉っぽい批判)

 

不満と批判の違いを知ることは、夫婦関係を改善する長い道のりの第一歩です。夫婦は互いに不満

持ったり怒ったりします。それは当然の話です。重要なのは、どんな点が問題なのか具体的に話をする

ことであり、すべてをひっくるめて個人攻撃をすることではありません。

上記のように批判や軽蔑や皮肉で話し合いを始めるのは、深刻な問題につながりやすくなります。それで

議論に勝てないどころか、不平や不満がよけいに溜まって、夫婦関係を危険にさらしかねなくなり

ます。

 

◆言葉の選択には注意が必要

不満は具体的かつ細かいもの批判はより一般的で非難を含むもの、そして、軽蔑は批判に

侮辱が加わったものをいいます。

「あなたはいつも」や「あなたはけっして」と言う文句は、不満が頭ごなしの批判に変容しているのを

はっきり示しています。また、パートナーと口論するときには、「あなた」と言う言葉は極力さけ、

できるだけ「私」や「私たち」を使ったほうがよいです。詰問調に「あなたは~なのね!」と呼びかけ

ると問題が複雑になりがちです。

また、軽蔑は批判よりもたちが悪く、批判は相手を傷つけますが、軽蔑はそれ以上に冷酷になっ

てしまいます。相手を悪く言ったり個人的に侮辱したりするのは軽蔑の表現であり、夫婦関係に

問題があることの根深い原因の一つになってしまいます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊