母子家庭が貧困になる理由は…?

公開日: 

シングル 貧困

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。
 

シングルマザーの就業形態を見てみると、

常用雇用(正社員含む)・・・シングルマザー全体の39,5%

臨時・パート     ・・・シングルマザー全体の36,8%

※他には、現在求職中、体調を崩し働けない、子どもの保育のため働けない、、、が、あります。

 

そして、就労で得る平均収入では、

常用雇用  ・・・257万円/年

臨時・パート・・・113万円/年

これらに児童扶養手当、児童手当、養育費(但し、支払いは全体の2割未満などが加わることになり

ますが、それでも就労収入が貧困ラインより高い世帯は26%過ぎません。

 

◆低い常用雇用と低時給

シングルマザーの就労収入が低い理由の一つに、「常用雇用率の低さ」が挙げられます。

また、家庭との両立が困難・・・就職口の少なさ・・・なども理由として挙がっています。

そして、多くの方が臨時・パート雇用ですが、時給が低さも問題です。

時給が一番高い東京の最低賃金(907円)でも、1日/7H、月20日勤務

月額12万6980円、年間約150万円にしかなりません。

 

最近になり、子どもの貧困率の高さなどが問題となり、その背景には

離婚の増加、養育費等の未払い、就業が不安定、などの実態が分かり始めました。

では、なぜ、シングルマザーたちはこれまで声をあげてこなかったのか?それは、声をあげないのでは

なく、仕事と子育てに追われ、声をあげる余裕さえもないという実態が見えてきます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊