なぜ結婚すると夫の態度が変わるのか?

公開日: 

夫の態度

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

「結婚する」ということは二人の関係を後戻りさせないようにするための約束事です。

後戻りできない状況を作ることは、相手を裏切ることを困難にし、夫婦間の信頼関係を高める働きをし

ます。しかし、結婚という約束事は、夫婦間で必ずしも平等ではありません。現に結婚によって女性の

多くが改姓や仕事の退職を求められています。つまり、女性だけが後戻りしにくくなるためのリスクを

背負わされています。そして、こうした不平等は結婚後の夫の立場を強くします。なぜなら、再び

旧姓を名乗ることのわずわらしさや再就職の困難さを考えると、女性にとって離婚することのリスクは

極めて高くなるからです。

 

◆子どもが生まれると女性のリスクは更に高く・・・

夫婦に子どもができるとさらに後戻りが難しくなります。今の日本では、離婚はいずれかの親から子ども

を引き離すことを意味します。父親に養育権がいけば、子どもは母親を恋しがるかもしれませんし、かと

いって専業主婦である母親が引き取れば、経済的な不安定さは否めないでしょう。こうした状況は子ども

にとって明らかにマイナスです。離婚がこうした不幸をもたらすことが分っている以上、安易に離婚を

選択できなくなるのは当然といえます。こうした状況は家庭における夫と妻の立場に影響を与えます。

 

◆後戻りのリスクが高い妻と強気の態度に出れる夫

たとえば、夕飯の支度をして夫の帰りを待つ妻。しかし、夫は何の連絡もせずに深夜に帰宅し「今日は

職場の同僚と飲んできた」と言ったとします。もし、二人が恋人同士だったとしたら、このような男性

の行為は今後の二人の関係にダメージを与えます。

しかし、結婚によって退路を断っている妻はこうした夫の行為に対して強く出ることができません。

こうした不誠実な態度を理由に離婚を切り出したとしても、周囲からは「そのくらいのことで目く

じらを立てなくても…」と逆にさとされてしまうでしょう。

 

結婚や子どもの出産を機に、それまで優しかった夫が態度を豹変させ、不誠実な態度をとるようになった

という話はよく聞きます。誠実か不誠実かは当人の性格によるところも大きいですが、結婚により妻が

後戻りの退路を断ったことで、夫の誠実さが薄れ、強気の態度に出ることも可能であるとい

った状況が出来上がってしまいます。

退路を断った女性が無理難題を甘んじて受けざる得ない状況は結婚する上で大きなリスクだと言えるで

しょう。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊