離婚することを子ども伝えるタイミングと注意点

公開日: 

父と子2

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

子どもに離婚することを話すタイミングは、両親が離婚を決心するのと同じくらい難しいことがありま

す。ここで、私たち大人が考えなければいけないのは、結婚を終わらせるという決断がどれくらい確か

なものかということです。

なので、自分たちが「離婚する」ことを子どもに伝えるタイミングは、夫婦げんかの最中や、結婚

問題をどう解決するべきか?と考えているときではなく、「離婚するという決意を固めた段階」です。

 

◆家族会議を開く

離婚の決意が決定的なものになり、子どもに何を伝えるか考えがまとまったら、家族会議を開く計画

を立てます。その条件として、家族全員が疲れ切っているということもなく、体調も悪くなく、また仕事

の打ち合わせや、学校行事や、その他の約束もなく、ゆっくりと一緒に腰を下ろせるときを選ぶ必要があ

ります。子どもの中には、話を聞いたとたんに反応して、質問をしてきたり、心配したり、涙を流した

り、怒ったりする子がいるかもしれません。このような状況が予想されるとしても、このように家族会議

ために十分な時間を取ることによって、この重要な決断に本気で取り組んだことを伝えられますし、

子どもの気持ちや不安に思っていること、聞きたいことなど、何でも話してほしいと知らせることもでき

ます。また、この重要な家族会議は家で開くことができれば、子どもは話し合いの後に、もし望めば、

自分の部屋でしばらく過ごすこともできます。

 

そして、家族会議のあった当日、またはそれから数日以内に、それぞれの親が、子どもと1対1で話せる

ように手はずを整えれば、子どもは救われます。対話することによって、子どもを安心させ、子どもに

対する変わらぬ愛を示すことができます。その反対に、もし、一方の親がすぐに家を出ていくとか、仕事

で出張する場合には、子どもは、しばしば、自分も捨てられてしまうのではないか?と思ってしまい

ます。

 

◆子どもの年齢は影響するか?

子どもの年齢も、彼らに真実を伝えるタイミングに影響を与えます。学校の上がる前か、あるいは、小学

校に通うぐらいの小さい子どもなら、どちらかの親が出ていく2週間~3週間前に告げるのがベストで

す。それより年上の子どもや思春期の子どもの場合には、家庭の変化によって自分が受ける影響について

いろいろと考えたり準備したりしなければならないので、もっと時間が必要かもしれません。親が家を

でる1か月~2カ月前に話せば、質問する機会もありますし、何が起きるとしても、それに対して計画

立てることができるでしょう。

 

◆記念日等は避ける

このように感情が乱されがちな話をするタイミングを見計らうときには、誕生日や重要な祝日は避ける

べきです。もし、記念日などに悪い話を聞かされたとしたら、その思い出はいつまでも消えずに残って

しまいます。「クリスマスの日に、その話を聞かされたの。その時まで、クリスマスは1年で1番幸せ

なときだったのに、これからはずっと、悲しい季節になるわ。。」

ここは親が配慮してあげないと、家族が築いてきた楽しい日が、悲しみと喪失の日になってしまいます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊