パートナーに「真実」の話をした後におきる予想できること

公開日: 

道筋

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

パートナーと話し合いという「対決」をした直後、あなたは突然、勇気と力が湧いてきたような気分

になり、一時的に高揚した幸福感のようなものを感じることがあります。また、相手との対話がうまく

いかなかった場合でも、ついに大きなイベントをやり終えたという安堵感に浸ってホッとする人もいる

でしょう。いずれも長い間、心の中に抑え込んできたたくさんのことを言ったことで、気分はずっと軽

くなっているかもしれません。

しかし、心が極度にアンバランスになったような、または大きな落胆をしたような気分になる場合もあ

ります。また、この先どうなるのだろうか。。。という不安を感じることもあります。対決直後の

気分がそのどれであっても、本当の効果があらわれてくるまでには少し時間がかかります。本当に力が

湧いてきたように感じ始めるまでには、数週間~数カ月はかかるのが普通です。しかし、時間はかか

りますが、あなたは確実にそれを感じるようになります。その感じは、極端で一時的な高揚感でも落胆

でもなく、安定して少しずつ増加していく自負心のようなものです。

 

◆予想される相手の反応

パートナーとの対話が良い雰囲気で終わったとしても、その後の相手の考えが再び変わったりするなど、

相手の反応がでるまでに時間がかかることがあります。会話中は比較的落ち着いていたのに、後になって

同意したことを否定したり、腹を立ててやり返してくるのも珍しくありません。後になって相手が

怒って逆襲してきた場合、こちらとしては応酬したくなりますが、そうしてしまったら意味が無くなって

しまいます。感情的な言葉で言い返すのは避け、あくまで「対決」の日と同じように冷静に対応します。

さもなければ、やっと取り返したエネルギーをまた相手の手に渡してしまうことになってしまうから

です。そうならないためにも下記のような応答が参考になります。

 

◆相手の逆襲に対する応答例

・あなたのその怒りの原因について話し合うのなら喜んで応じますが、私のことをそのよう

 にののしったり侮辱するのはもう許さない。

・その件については、あなたがもっと冷静になった時も話し合いましょう。

 

(もし相手が腹を立てて、あなたにいっさい口をきかなくなった場合は…)

・あなたがそんな風にして私を困らせようとするのをやめる気になったら、私はいつでも話

 に応じます。

・私はリスクを冒して自分の気持ちを正直にしゃべったのです。あなたも一度、そうして

 みたらどうですか?

 

いずれにせよ、「対決」の日を境にすべてが変わってきます。しかし、予測していなければならないこと

は、パートナーによる「最後の逆襲」です。相手はあらゆる方法を使ってあなたを懲らしめようとして

非難・無視・誹謗中傷をしてくるかもしれません。その際に必要になるのは、あなたを理解してくれ

る友人・肉親・カウンセラーなどの第三者の立場で考えてくれる人たちです。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. I visited various web pages but the audio feature for audio songs existing at this web site is
    actually superb.

  2. Actually when someone doesn’t know then its up to other people that they will
    help, so here it occurs.

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊