夫婦げんか 売り言葉に買い言葉の否定スパイラル

公開日: 

紛争

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

◆お互い否定しエスカレートする

夫婦関係がきしみはじめている夫婦は一触即発の状態です。そして、関係性を悪化させるネガティブなコ

ミュニケーションの態度が日常化しているため、けんかが始まりやすく、しかもエスカレートしていきが

ちです。

一般的に、相手が発した言動を不快な者と受け止めた場合、中立的あるいは友好的な応答で相手の気持ち

をなだめたり、雰囲気を中和させたりすることはあまりありません。自分も不快な言動を返すことで

トゲトゲしさが増していってしまうのです。これが続くと、相手のささいな言動に悪意を見つけ

出し、短絡的に反応してしまいます。けんか中でなければ普通の会話として成り立つ内容にも、

「私をバカにしている言い方だ」などと否定的に受け取り、相手により大きなダメージを与えようと

すぐに反応してしまいます。

また、男性と女性では感じ方が異なり、男性の場合はネガティブなコミュニケーションが日常化している

関係でも、「夫婦はこんなもの」と思ってしまうのか、夫のほうは結婚への満足度は特に低くありませ

ん。夫は、自分の言葉が暴力化していることにも鈍感です。しかし一方で、妻の満足度は著しく低く、

両者の間には大きな差があるのです。

 

◆ネガティブ・コミュニケーションの種類

それほど悪意をもって始めたけんかでなくても、深刻な結果になることがあります。対立する両者の間

のコミュニケーションはネガティブになりやすく、関係性をどんどん悪化させていくスパイラル状態に

なりやすいのです。例えば…

 

・言動に悪意を読み取る

対立する相手の言動は、たとえ相手が無意識におこなったものであっても、裏に悪意があるように思い

がちになります。

・よりショックを与えようとする

当たり障りのないやりとりは消え、互いに傷つけあうような、ショック度の大きい言葉の応酬が始まっ

てしまいます。

・非難しあう

「あなたはいつだってそうなんだから」「おまえこそ」と、互いに非難しあい、相手の言い分に耳を

傾けなくなります。

・勝つか負けるかになる

争いの要因となった問題を解決しようとするのではなく、勝つか負けるかの戦いになってしまいます。

・「会話についての会話」に陥る

「そういう言い方は変」「何が言いたいの?」などメタ・コミュニケーション(今行われているコミ

ュニケーションそのものについて話すこと)に陥ると、そこから抜け出せなくなってしまいます。

・対話打ち切り宣言になる

「もういい。~だから、~というわけか」などと、捨てぜりふ的な話し方になり、対話が成立しなく

なってしまいます。

 

◆トドメの言葉 「言ってはいけない一言」

関係性の悪化にとどめを刺すのが、相手の人格を否定する言葉です。

「あなたは役に立たない」

「何をやってもダメだ」

「おまえがバカだからだ」

など相手の心に深く傷をつくる、こうした言葉は禁句であり暴力と同じ力を持ってしまいます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊