「仮面夫婦」でいるという選択

公開日: 

夫婦 無関心

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

はたから見れば、ごく普通の夫婦。しかし、夫婦関係は実質的に破綻しているという「仮面夫婦」。

夫婦関係がどんなに冷めたものであっても、離婚を選択しない夫婦も少なくありません。もはや人生の

パートナーとはいえない相手と夫婦という仮面をかぶり続ける背景には、離婚にはさまざまな困難があ

ること、さらに、夫婦であり続けることにそれなりのメリットを見出しているからです。離婚によって

得られるメリットと、夫婦であり続けることのメリットをはかりにかけて、後者のメリットが高ければ

、「仮面夫婦」を選択することがあっても不思議ではありません。妥協の産物であったり、体裁をとり

つくろうために続けている夫婦関係でも、それなりに満足している場合もあるのです。

 

◆中高年夫婦のパターン

結婚生活が長い中高年にはいくつかの夫婦のパターンがあります。

 

・関係性達成型

二人の間の関係性についてお互いに納得しており、良好なパートナーシップが確立している。

・表面的関係性型

表面的にはそれなりに安定しているが、夫婦としてのパートナー関係は不十分。

・妥協的関係性型

願いどおりの関係性ではないが、どちらか、もしくは双方が妥協し、それなりに安定している。

・独立的関係性型

夫婦がそれぞれに独立した人生を歩んでおり、干渉しあわない関係。

・献身的関係性型

主に妻から夫への一方的な献身によって関係が保たれているもの。

・関係性拡散型

夫婦関係は破綻しており、夫婦間でコミュニケーションが成立しない。

 

◆夫婦でいるための要素とは…?

満足のいく夫婦関係ではなくても、不満でいっぱいの妻が離婚を切り出すとはかぎりません。離婚をする

か?たとえ仮面でも夫婦であることを続けるか?・・・はかりにかける要素、主に3つにまとめられ

ます。

 

①メリット

年金の分割制度などがあるとはいえ、生活するのに十分な年金が受給できるかどうかわかりません。夫の

収入という経済面のほか、社会的な信用、情緒的な安定、性的な満足といったメリットもはかりにかけて

います。

②障害

離婚をすると、子どもの就職や結婚に差し支えるといった社会的なデメリットもないとはいえません。

親など周囲の落胆もあるでしょう。離婚に関する夫との話し合いもスムーズにはいかないでしょうし、

法的な手続きにもエネルギーが必要です。

③生活の場

離婚をしても、かわりのパートナーがいるわけではなく、ひとりになってしまう。。あるいは、路頭に

迷いそうな自分を受け入れてくれる実家がもうない、子どもたちもアテにできないなど、生活の場の

見込みが立たない。

 

これらから、「そんなに苦労するぐらいなら、今のままでがまんしよう。。と思う女性も少なくありま

せん。しかし、「仮面夫婦」と感じているのは妻だけで、夫は「そこそこ、うまくいっている夫婦だ」

と感じている場合もあります。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊