夫婦問題 正面からぶつからないための小さなコツ集

公開日: 

1夫婦

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

会話の機会を増やすことは、夫婦関係を改善する大きな一歩になります。無理をせず、穏やかに会話を

進めるためのちょっとしたコツをいくつか紹介します。

 

◆会話を「私は~」から始める

「あなたって、〇〇よね」という言い方は、主語が「あなた」になり、どうしても批判的に聞こえて

しまい、反発をまねきがちです。同じことを言うにも、「私は〇〇だと思うのだけど」と主語を

「わたし」にすれば、会話も批判・命令っぽくなりません。

 

◆電話・メール等での会話を増やす

相手の顔を見なくて済むので、面と向かうと腹が立つという人は、かえって冷静に会話ができることが

あります。ただし、文字の伝達はこちらが思っている以上に相手にはきつく感じることもあるので、

絵文字を入れるなどの工夫があると良いでしょう。

 

◆寝室を別にする

「就寝前のひとときを自由に過ごしたい」「ひとりでゆっくり眠りたい」という思いがあれば、夫婦の

寝室は同室でなければと思い込まず、別室にするのも手です。適度な距離をとることで、相手にやさし

い気持ちがもてるようになることもあります。

 

◆表情をつくる

気分が乗らなくても、笑顔を浮かべてみましょう。表情を変えることで、気持ちも変わってきます。

 

◆ペットを飼う

ペットとのふれあいは気持ちをなごませます。話題が豊富になり、共感する機会も増えます。

 

◆食卓などで座る位置を工夫する

会話は相手との位置関係によっても影響されます。

座り方

 

・Aの場合 相手の正面に座る

視線がぶつかりあい、緊張感が増します。相手を説得したいときにはよい。

・Bの場合 相手の斜めに座る

斜め向かいなら、互いの視線が少しそれ、緊張感がやわらぎます。

・Cの場合 相手の直角に座る

直角に座ると自然に視線をそらすことができ、リラックスして話せます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊