離婚 養育費の金額算定

公開日:  最終更新日:2016/10/24

学生

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

養育費の金額の算定方法は、法律で定められているわけではありません。

妻が監護者となり、夫が養育費を支払うケースでは、月額4万円程度(子どもの人数や互いの年収に

よる)多いようですが、一般的には家庭裁判所などで活用されている「算定表」が目安になると

思います。

※詳しくは(裁判所HP)養育費算定表

 

算定表では、子どもを監護していない親(義務者)と子どもを監護している親(権利者)の双方の実際の

収入金額を基礎として、子どもが義務者と同居していると仮定した場合に、子どもにあてられる生活費を

計算し、これを義務者と権利者の基礎収入の割合で案分し、義務者が支払う金額を定めることとしてい

ます。

 

 

◆養育費の算定方法

給与所得者の場合は、源泉徴収票の「支払金額」(税金などが控除されていない金額。いわゆる

総支給額が年収になります。給与の他に確定申告していない収入がある場合は、その金額も加算し

ます。

 

自営業者の場合は、確定申告書の「課税される所得金額」が年収に当たります。ただし、

基礎控除や青色申告控除など、実際に支出されていない費用については、「課税される所得金額」

に加算したものが年収となります。

※給与所得者・自営業者どちらも、児童扶養手当児童手当は、年収に含める必要はありません。

 

 

〇養育費の支払義務者が債務を負っている場合

支払義務者が、その人の名義の不動産について住宅ローンを負担している場合、その不動産が

最終的には、支払義務者の資産になるので、特別の事情として考慮されません。同様に支払義務者

の自動車ローンなど、養育費に優先して返済することが相当でない債務も、特別な事情として考慮

されません。

 

〇子どもの私立学校の授業料など

算定表では、公立学校の授業料等を基準に作成され、子どもが私立学校に通う場合の入学金・

授業料などは考慮されていません。養育費の支払義務者が子どもが私立学校に入学すること

承諾していて、義務者に私立学校の費用を負担させることが相当と判断される場合は、

算定表の養育費の金額に、義務者が負担しなければならない私立学校の費用を加算することが

考えられます。

 

 

算定表で示された養育費の額は、あくまでも目安です。

話し合いで養育費の額を決める場合、最終的な金額は、算定表の額を参考に、それぞれの状況を

考慮に入れて当事者が決定します。

支払期間は一般的には成人(満20歳)と言われますが、最近では大学を卒業する満22歳まで

が多くなっています。

 

離婚については合意したものの、養育費について話し合いがつかない場合は、家庭裁判所に調停

を申し立てます。養育費の請求のみでも申し立てができますし、離婚後でも養育費のみの申し立て

ができます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊