そしてオヤジは夢をもつ!

公開日:  最終更新日:2016/10/24

男性6

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

◆「自立した父親」を目指す

もし、あなたが、妻からは「つまんない夫ね」とうとまれ・・・

子どもには「しょぼくれた大人だ」・・・と思われていたらどうなるでしょうか。

そうなると非常時に家族や自分の身を守るどころではなく、毎日の家庭生活の維持や運営もおぼつか

なくなってしまいます。

また現在、子育てを終えた世代の人たちの間に起こっている「熟年離婚」。

会社を定年退職したとたん、これからのセカンドライフの基盤となるはずだった家庭からリストラされ

て、どうしようもなくなってしまうと、私たち男性からみても悲しくなります。

 

妻に「熟年離婚」を迫られる夫・・・

妻や子どもから「しょぼくれた大人・・・」となってしまった原因は何なのか?

 

それは、

・父親が個人として『自立』できていないこと

・妻や家族の目に魅力的な人として映らないということが大きいのではないでしょうか?

 

定年退職するまで会社員(組織人)としては立派に過ごしてきたかもしれません。そして、私たち男性が

それまで『自立』という言葉を使った時には『経済的自立』ということしか頭になかったかもしれ

ません。また、そうした男性ほど、「俺が食わしてやってる」的な暴言を吐きがちです。

 しかし、人には「経済的自立」だけではなく、まずは、いち生活者としての自立というか、「総合的

かつ人格的な自立」が大事だと気づいていないケースが多くあります。

 

 

◆夫の世話がいちばん手間がかかる・・・

まずは、

 1.自分のことは自分でできる自立した大人であること。

次に

 2.家事など自分の回りのことができること。

そして、

 3.妻だけに頼らず、自分の子どもを自分の手で育てられる父親になること。

 

どれも当たり前のことのように見えますが、ひとりの生活者としての基本的なことができていない夫は

多いように思います。 また、妻からは「家族の中で、夫の世話がいちばん手間がかかる」

いったグチもよく聞きます。生活者としての基本ができて初めて、子育てのさまざまなスキルを身に

つけたり、前向きに地域の活動をしたりすることで父親として家族の「危機管理」も可能になるか

もしれません。

 

◆そしてオヤジは夢を持つ!

私たち男性の小さな自己変革の積み重ねが、ママや子どもたちを笑顔にすることができるのでしょう。

そして、「つまんない夫」、「しょぼくれた大人」を払しょくするためにも オヤジは「夢を持と

う!」と伝えたい。

 

 夢!?

 

親は子どもに「夢をもて」というくせに、当の親自身が人生のビジョンを持っていない。。。家族の中

で父親としての大きな役割の一つに

「この家族をどうしていきたいのか?」

「どっちの方向に向かおうとしているのか?」

これを見定めることです。そのためにも、まず父親が夢を持って、 「自分はどうしたいのか?」と自分の

将来や夢を持つことが魅力的なオヤジの第一歩だと思います。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊