夫もオジサン化する

公開日:  最終更新日:2016/10/24

%e3%82%aa%e3%82%b8%e3%82%b5%e3%83%b3

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

昨日は、妻の「オバサン化」についての記事でしたが、今日は夫のオジサン化です。

独身時代は女性の目を気にし、ファッションなどに気を遣っていた男性も、結婚して生涯の伴侶を得て

しまうと、そんなことはあまり気にならなくなります。運動不足から筋肉は衰え、腹が出て、頭髪は

薄くなります。こうした加齢の変化は女性の加齢と変わりません。しかし、男性には女性と決定的に

違うところがあります。

 

◆男性ホルモンは40歳を過ぎても減らない

男性ホルモンの分泌は女性の女性ホルモンと違って40歳を過ぎても減りません。なかには70歳になっても

若い女性と結婚し、子どもを作る人もいます。つまり男性の悲劇(!?)は、体力が衰え、見た目が

カッコ悪くなっているにもかかわらず、「性」を捨てられないところにあります。これが若い

女性から、「オジサンは脂ぎっていていやらしい」と思われる最大の原因となります。つまり、

オジサンは「性を捨てられない」存在なのです。

 

◆オジサン化を防ぎたい!

問題の本質は、体力の衰えと男性ホルモンの分泌という相容れない要素が存在しているために「オジサ

=いやらしい=下品」というイメージを作り出している点です。

そこで、一つの対処法としては、下品な性から上品な性への転換、すなわち「オジサマ」になること

です。ただ、オジサマになるには外見上の制約という条件があります。すなわちルックスがいいこと、

背が高いこと、服のセンスがいいことは必須です。また、普段から上品さをアピールしておく必要が

あり、それなりにおカネもかかります。イメージとしては舘ひろしや草刈正雄のような芸能人です。

 

この「オジサマ化」が無理であれば、次に考えられるのは「性を捨てる」、すなわち「オジイサン」

るという方法です。つまりは俗世間のドロドロしたものには関心がなく、仙人のような悟りを開いた

存在を目指すことです。イメージは、俳優の大滝 秀治さんのような存在です。

 

しかし、男性である以上、オジサンからいきなりオジイサンになるには抵抗があります。なので次に考え

られるのは「ちょいワルオヤジ」です。ちょいワルオヤジになるためには、活力を取り戻すため、ジム

に通ったりスポーツに精を出したりしなければなりません。しかし、長いこと運動していなかったオジサ

ンが急に体を動かすと体調を崩すこともあります。

そこで楽に「ちょいワルオヤジ」になる方法は、日焼け、そして服装、特に休日のファッションです。

うまく着こなしながらいかにも休日は外で遊び慣れているという雰囲気を出します。そして最後は

「男の料理」です。男の料理の決めては豪快さです。バーべキューグリルや海鮮類を丸ごと焼きちょい

ワル度を上げるのです。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊