面会交流 約束が守られないのはなぜ?

公開日:  最終更新日:2016/10/24

親子2

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。


別居や離婚の過程で、弁護士どうしのやりとりや
家庭裁判所の調停などを経て、

「月に1回程度の面会交流をさせる」と相手方と取り決めを結ぶことができました。

しかし、直前になって相手方は、その日は都合が悪いと一方的なキャンセルを申し出てきました。

 

理由は・・・

「子どもの習い事がある」、

「養育費の支払いがされていないから」、

「子どもが会いたくないと言っている」などさまざまあります。

中には「雪が降ったから」という理由で、子どもと会えなくなくケースもありました。


相手が面会を拒否し続けた場合、たとえ裁判所を経た合意書があっても約束が守られるとは限りません。

もともと守るつもりもないのに、離婚を成立させたくて面会の取り決めを結ぶ人もいます。

お互い不信感が高まって離婚に至るのですから、詳細な契約がなければ、その後の面会交流や共同養育が

困難になるのは当然と言えます。民法には面会交流についての規定はありますが、強制力は弱い

です。

 

また、日本では「離婚は縁切り」という感覚があり、離婚後に別れた相手が子どもの周りに現れる

ことには社会的にもなかなか理解が得られていません。

毎週会うことが決まっていて、母親もそのことには理解があったのに、母親の周囲の人が、

『別れた子どもをそんなに頻繁に会わせるなんて聞いたことがない』と母親にアドバイスして、

面会が月2回に減らされた父親もいます。

 

では、どうせ守られないのであれば、約束を取り交わすことは意味がないことなのでしょうか?

いいえ、たとえ強制力のない約束であっても目安にはなります。月に1度2時間程度の面会交流など、

安否確認以外のことしかできない非常識な制限かもしれませんが、それを積み重ねることでお互いの

信頼関係が高まればやがて自然な交流に道が開けていくかもしれません。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊