ある日突然、「離婚したい」といわれた!

公開日:  最終更新日:2016/10/24

%e7%94%b7%e6%80%a711

 

行政書士 兼 離婚コーディネーターの中森です。

 

お互いの配偶者が「別れたい」と言い出した理由そのものには、ある程度心当たりがあるのが

普通です。別れたいとまで決意する以前に何度か言い争いが起きているはずであり、相手がなにを

イヤがっているかは既にわかっているからです。しかし、それでも改めることができなかったり、

あるいはことの重大さに気付かずにいたため、別れようとまでいわれているのです。

こういった場合には、別れたくなければ相手がイヤがっているところを改めるしかありません。
 

◆何も心当たりがない…

しかし、理由に心当たりがない場合はどうしたらよいでしょうか?心当たりがないというのは

本当に理由がわからない場合です。例えば日常の小さな積み重ねが大きなストレスになって

爆発するということは十分あり得ます。結婚というのは育った環境の違う男と女が一緒に暮らす

ことであり、一方にとってはそれまでと同じく日常の出来事であっても、もう一方にとっては

とんでもないカルチャーショックだったりします。

特に男性の場合は「俺は毎日きちんと働いて給料を全部家に入れているし、女遊びを

しているわけでもないし、一体何が不満なんだ!」と思っている方に限って、当の本人

が摩擦の原因に鈍感なままで同じことを繰り返し自分がストレスの原因になっていることに

気付かないでいるケースもよくあります。

 

この「心当たりがない」というケースに共通しているのは、「そういうことはイヤだから

やめてほしい」という相手のメッセージに対する鈍感さです。何度もメッセージを出して

いるのに反応がなければ、「無視された」思って余計ストレスがたまります。

それが高じると取り返しがつかないことになりかねないので、十分に注意する必要があります。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊