高橋ジョージの離婚のリアルと妻への共感の言葉がけ

公開日: 

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%ef%bc%92

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

先日、「しくじり先生 俺みたいになるな」の番組で元虎舞竜の高橋ジョージさんが三船美佳さん

との離婚について語っていました。その中で、

 

自身の執念深く恨みを抱え込む性格。

妻の精神的成長をなめていた、精神面では女性に敵わない。

家では謙虚に生きること。

男はもっと奥さんのことを知る努力をすること。

離婚のサインが出たときは手遅れ…。

など、離婚当時のことを客観的に分析していたことが印象的でした。

 

◆夫婦の会話の中での違和感

子どもが生まれると夫婦間の会話は限られた時間内でやりとりすること多くなってしまいます。

更に共働きの場合、妻は育児・仕事で余裕がなく、夫も残業が続いたりすると二人ともクタクタ

です。そんな日常の中で、例えば妻が、育児の悩みを話してきたとします。

夫としては、ついつい解決策を求めているのだと思い、

「それなら、こうしたらいいんじゃないか?」とか

「そんなの、こうするしかないじゃないか!」とか言ってしまいます。

 

しかし、多くの妻が求めているのは、解決策ではなく、まずは、

「そうだね」

「そうなんだ、たいへんだったね」という受容、共感の言葉なのです。

 

◆いきなり話を打ち切らない

また、夫が妻の話を聞いていると、延々と続いて話が切れない・・・ことがあります。

夫もこれからやりたいことがあったり、ゆっくり休みたいのに。。。と思って耐えて、

最後に、「こっちも忙しいんだ!」と妻に対して感情的な言葉をぶつけてしまいがちです。

 

こういう場合は、いきなり話を打ち切るのではなく、いったん相手の話をさえぎる。

こちらで、相手の話を要約して返す。

そして、「必ず対処する」と伝える。

こうすることで、比較的スムーズに会話を終わらすことができます。

 

高橋ジョージさんの言葉で特に印象的だったのは、

「孤独死が怖くて毎日、風呂に入るとき怖い。子どもに会えない寂しさは想像を絶する。」

離婚した男のまさにリアルだと感じます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。 

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

 電 話 082-533-6036(広島市西区)

  メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊