相手との交渉と折り合いをどうつける?

公開日: 

%e7%94%b7%e6%80%a715

 

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。


離婚に直面した場合、「相手を打ち負かすことが目的」
となってしまう場合があります。

また、相手に脅威を感じれば、「より大きな力でそれに対抗しよう」と考えてしまいます。

しかし、それでは終わらないばかりか、お互いの憎悪が増ばかりとなります。

 

離婚についての話し合いの中で、第三者が入っていない場合は、まず、

「相手のガードを下げさせること」です。

何かしてもらったことがあれば、お礼を言うということは、敵対的な相手に対しては難しい

ことですが、しかし、そのような場合にこそ、感情で敵味方を分けることを防ぐ効果を

持ちえます。

 

例えば、「子どもに会わせてほしい」という要求は、こちらにとっては正当でも、

違う考えをもつ相手にとっては理不尽なものです。またそれは、自分への攻撃と映っている

かもしれません。なぜなら、子どもを守るためには、相手の要求を拒むことが正義だからと考えて

いるからです。また、相手は子どもと引き離されることで持つ恐怖感を、それほど理解しては

いないでしょう。ただ、こういった相手の被害感情は理解できなくても、それに応える努力を示す

ことは相手に安心感を与えます。

「戸惑っている」、

「不安に感じる」、など、

自分自身の感情を言葉で相手に伝える努力をすれば、通常であれば相手の攻撃の矛先は鈍ってきます。

感情面での受け答えには、それなりの努力が必要ですし、それによって精神的なダメージを受けること

もあります。そういったものに対応できる能力を身に付けるためには、カウンセリンググループ

ワークなどが良いとされています。

 


また、親子の引き離しは、子どもだけでなく、あなたへの虐待でもあります。

しかし、相手と話し合う中で、ただただ疲弊するだけであれば、「怒らせておくしかない」と、

割り切ることも必要です。

そして、無理に自分一人で解決しようと思わず、相手から受けたダメージを修復するため、

支援者や身内の助けを借りことです。

それは決して恥ずかしいことではありません。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊