突然、子どもを連れ去られたら…

公開日: 

%e7%a0%82%e6%99%82%e8%a8%88

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

◆DVの加害者になっていた…

ある日家に帰ったら、突然、妻と子どもがいなくなっていて、行方もわからない場合、どう対応すれば

よいのでしょうか。子どもがいなくなった場合、すでにその時点で身に覚えがなくてもDVや虐待の

加害者とされていることも少なくありません。学校や市役所は、相手方からDV被害の申し出があれば、

DV防止法の保護命令が出されていなくても住所を教えないことができます。残念ながらこうなると、

それを覆すだけの手続きは用意されていません。

 

◆待つしか手段はなくなる

相手方には支援者がいるのが普通なので、やがて弁護士から連絡があるか、裁判所から調停や裁判の

呼び出し状が届くことになります。またDVの保護命令が出される場合には、裁判所に呼び出されて

裁判官に弁明する機会があります。この場合は弁護士と同伴し、身に覚えがない場合は、加害行為

立証を相手に求めたほうがよいでしょう。

その手続きを怠ってしまうと、半年間の接見禁止が出る可能性もあります。また一度出されると

その後も継続して出される可能性もあります。何らかの手段で相手の居場所がわかった場合には

家庭裁判所に申し立てることができます。居場所がわからない場合で、相手の実家や弁護士などが

わかっているときは、その住所で手続きをしてみましょう。相手の実家や弁護士がとりついでくれる

場合があります。

 

連れ去られてさほど時間が経っていない場合には、子の引き渡しとその保全処分、監護者指定をいっしょ

申し立てることができます。その場合は一日も早く申し立てたほうがよく、時間が経つにつれ効果が

薄くなり、数か月経つと効果がなくなります。このような手続きは、後日裁判などになった場合、不当

連れ去られたという事実を主張するためにも有効です。また、時間がたち、相手と交渉ができない

場合、また相手から離婚を申し立てられた場合などには、家庭裁判所に面会交流調停を申し立てること

ができます。

 

◆まずは正しい情報を得ること

しかしながら、子どもと引き離されたことによる精神的ダメージは大きいので、わかってはいても一人

そのような手続きを踏むのは困難でしょう。専門家の他にも、別居親の当事者グループなどに参加して

情報を得つつ、少なくとも状況を悪化させない判断の積み重ねを続けていくことが、将来的な親子関係の

回復につながっていきます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊