浮気した配偶者から離婚請求が認められる条件は?

公開日: 

%e7%94%b7%e5%a5%b3%ef%bc%92

行政書士 兼 離婚コーディネーターの中森です。

 

浮気など、夫婦関係が破綻する原因を作った妻あるいは夫(有責配偶者という)から離婚を求める

ことはできない、という立場をこれまで裁判所はとってきました。

原則として有責配偶者からの離婚訴訟は認められません。

しかし、近年、有責配偶者からの離婚請求が、条件付で認められる例が出てきました。

 

◆「破綻主義」と「子ども」のこと

 

①別居期間が相当長期に及んでいる。

 (すでに婚姻関係が破綻して修復は無理とみなされる)

②未成熟の子ども(満20歳未満の子ども)がいない。

③離婚をしても、相手が精神的・経済的にきわめて過酷な状態におかれるおそれ

 がない。

 

①の別居期間については明確な基準はありません。

ただ、『夫婦が5年間継続して婚姻の本旨に反する別居をしているとき』婚姻関係は破綻

していると推測される可能性があります。

 

以前では、離婚原因を作った配偶者(有責配偶者)からの離婚請求は「有責主義」の考え方から

認められませんでした。しかし、最近では長期にわたって別居生活がつづき、夫婦としての実態

がなく、婚姻関係が破綻していて修復も無理とみなされるのであれば、離婚原因をつくった

有責配偶者からの請求であっても離婚を認めよう、という「破綻主義」的な考え方に少しずつ

変わってきています。

 

ただ、やはり上記3つの条件をクリアしないと浮気をした配偶者は浮気相手と再婚したい

がために、相手配偶者に離婚訴訟を起こしたとしても、原則としては離婚は認めらない、

ことに変わりはありません。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md


 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. Very interesting information!Perfect just what I was looking for!

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊