離婚の申し出を撤回させるために話し合いたいが…

公開日: 

%e7%94%b7%e6%80%a712

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

配偶者から「離婚したい」と言われれば、普通は誰でも動揺します。

たとえ相手に対する愛情を感じられなくなったとしても、生活のことや、身の周りのことを考えると

不安を感じます。そしていろいろ考えたうえ、「やっぱり別れたくない」という場合には、

相手と話し合って離婚の申出を撤回してもらわなければなりません。

しかし、ここで対応を誤ると、もはや相手と話し合うこと自体が不可能になってしまいます。

 

◆なぜ、離婚したくないのか?を考える

相手と話し合う前にもう一度、考えておきたいことがあります。

それは、「あなたはなぜ、離婚したないのか?」という理由です。

夫婦でいることによってどこがどんな風にプラスなのか、できるだけ具体的に考えてみることです。

例えば・・・愛情がある、子どものこと、親に心配かけたくない、、等々

離婚したくない理由が必ずあるはずですから、そこをよく考えてみる必要があります。

そして、それは相手にとっても同じく大切なことなのかどうか?を考えてみてください。

 

例えば「親にとって子どもが大事」だということは、一般論としては共通しています。

しかし、愛情がなくなり、さらにお互いが傷つけあっている夫婦が名目上、一緒に

暮らしていることが、子どものためになるか?というと、そこは意見が一致するとは限りません。

相手を説得しようと思えば、相手のことを一生懸命に考えて話し合わなければ、難しいのです。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

 電 話 082-533-6036(広島市西区)

 メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊