私たち夫婦も離婚の危機にありました

公開日: 

p1020720

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

私は、行政書士そしてカウンセラーとして離婚問題や夫婦問題を取り扱っていますが、

過去、私自身も離婚の危機にあったこと当事務所プロフィール欄にも書いてます

そして今、子どもの父親でもあります。

私が当時経験した先の見えない気持ち、そして実際、離婚したら子どもとの関係はどうなるのか?

といった不安が津波のように襲ってきたのを今でもはっきり覚えています。

 

夫婦ふたりだった頃は、お互いの感情のやりとりを中心に考えるだけでよいですが、子どもが生まれ

「家族になる」と感情論だけでなく、子どもの将来のことも含めて考えていかなければなりません。

そうなると、パートナーと少々の感情の軋轢があっても子どものために、

「親を演じなければならない」

必要がありますし、やはり子どもを育てていくにはシングルより夫婦二人でいた方が色々な事態

乗り越えやすいのも事実です。しかし、一度、壊れた夫婦の絆を修復するのは並大抵のこと

ではありません。そのまま戻らないことの方が多いかもしれません。

 

夫婦のすれ違いは放っておくと、とんでもなく大きくなります。一緒に住んでいるのに、

本当に相手が何を考えているのかわからない・・・。

それを防ぐには早い段階で自分の意識を変えること、そして相手の依存から自立を目指す

ことではないかと思っています。

 

最初は小さな自立でいいのです。

例えば・・・

 

妻がいなくても自分と子どもの料理は作れるようにしておく。

また、妻が2~3日留守でも子どもの面倒見れるようにしておく。

夫の収入だけですべてをやりくりしているなら、まずは短時間・短期パートで働いてみる。

そして、家計とは別に自分だけの貯蓄をつくる。

仕事はあなたに自信と何かあったときの防御となってくます。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。
行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら 
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. Why visitors still make use of to read news papers when in this technological world everything is available on web?

  2. What’s up, this weekend is good designed for me, for the reason that this
    time i am reading this wonderful educational
    article here at my residence.

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊