離婚での注意点 紛争はエスカレートする

公開日: 

%e5%a4%ab%e3%81%ae%e6%b5%ae%e6%b0%97

行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 

離婚問題で双方が自分にとって少しでも有利な解決をしたい! 

または意地を通したい!・・・気持ちは分かりますが、それでは解決が遠のいてしまいます。離婚は結婚

という契約の解消である以上、相手の主張もあり、条件等の譲歩は仕方のないことです。

 

◆離婚は生涯の一大仕事

「離婚は1枚の紙を役所に提出すれば済む」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、婚姻という契約を解消するに当たっては、子ども問題、財産分与や養育費といった金銭問題、

これからの住居、場合によってはこれまでの人間関係にも影響することもあります。

また、協議離婚や裁判離婚の場合には、話し合いが中心になるのでお互いの主張が対立すれば、

際限のない論争にもなりがちです。こうした場合、つい嫌気がさして相手を罵ったり、ときには

手を挙げたくもなりますがそれは禁物で、冷静な対応こそが重要です。

 

◆鉄は熱いうちに打つ!

離婚にはタイミングがあります。

話し合いがついて協議離婚をすることが決まり、離婚届を出すだけという場合に、届を出すのを

面倒がっていたために、「離婚届の不受理申立」がなされて、届が受理されなかった・・・

などのケースもあります。

離婚では、お互いの気持ちは時間の経過とともに揺れ動きます。決まったら早急に手続きは済ま

ことです。なお、調停では調停調書が作成された時点で、また裁判では判決が確定した時点で離婚は

成立しますが、いずれも調停成立または裁判確定の日から10日以内に離婚届を市区町村役場に

提出することが必要です。

 

◆結婚の清算とはお金の問題!?

財産分与や慰謝料、養育費などのお金の問題は、結局は当事者がいくら欲しいか?いくら払えるか?

問題です。離婚したいばかりに、高額の慰謝料を払うことを約束したりすると後で大変なことに

なる場合もあります。相手があまりにも高額の金銭を要求してきた場合には、調停など裁判所に

関与してもらったほうが良い場合もあります。

また、離婚後に月払いなどで支払いを約束した金銭が、リストラなどのあおりで支払えなくなる場合も

ります。こうした場合、相手方と交渉し、話し合いがつかなければ事情変更を理由に家庭裁判所に

減額請求の調停申立をすることができます。

 

◆可能な限り子どもが傷つくことが少ないように…

離婚は当事者だけの問題ではありません。お互いの親族にも少なからず影響ありますが、何と言っても

子どもへの影響が心配されます。今後の生活はどうなるだろうか?と子どもは不安になるのです。

離婚で争っている当事者にしてみれば、それは二の次だと考える人もいるかもしれませんが、

子どもを含めた家族の全員が当事者(利害関係者)であることを忘れないようにしなければ

なりません。

 

◆離婚後にトラブルの種を残さない!

離婚したからといって、離婚に伴う様々な問題もすべて終了するわけではありません。

子どもの養育費の支払い、面会交渉、離婚後の財産分与の請求など、離婚後も続く問題があります。

こうした問題については、離婚時に離婚協議書、離婚公正証書といった契約書を作っておくことです。

 

女性の場合は離婚後100日を経過しないとは再婚することはできません。

また、婚姻解消から300日以内に生まれた子は婚姻中に懐胎したものと推定され離婚した

夫が父親とされます。もし、自分が父親でなければ、嫡出否認の訴えをすることが必要になります。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
なかもり法務相談事務所は、離婚問題という先の
見えない暗闇に灯りをともし、再び子どもと笑顔で
暮らしていくためのお手伝いをさせていただく
事務所です。

行政書士であり夫婦問題専門のカウンセラーが
対応致します。お気軽にお問合せください。

電 話 082-533-6036(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

『浮気・不倫問題相談110番 広島』はこちら
『養育費をあきらめないで!広島』はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

広島ブログ
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/4ljr43q2p2md

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ

ご相談者様の声

中森 豊